Logo Enrapt

顧客プロジェクト

モバイル開発

顧客とのコミュニケーションを管理するための公式モバイルアプリケーションを開発します。

サービス
連携

バックエンドアプリケーションのためにサービス連携やAPIを開発します。

Webアプリケーション開発

販売を支援する公式Webアプリケーションを開発します。

リモートワーク可能

プロフェッショナル認定資格

  • AWS、Azure、Salesforce.comの認定資格取得支援のため、トレーニング、準備期間、事前テスト、費用補助が提供されます。

プロフェッショナルスキルアップ

  • AWS、Azure、またはSalesforce.comのトレーニングコースの提供
  • 年1、2回の最新テクノロジーに関するインターナルトレーニングの提供
  • 職務に関連する追加トレーニングの提供

健康保険

  • 関東ITソフトウェア健康保険組合

休暇/有給休暇

  • 土日及び祝日
  • 年末年始(4日間)、ゴールデンウィーク、夏季休暇(3日間)
  • 産休、育児休業、慶弔休暇
  • 有給休暇 10日間(初年度)、15日間(次年度以降)

マネージメントトレーニング

  • リクルートマネージメントスクール(年1回受講)

昇格/賞与レビュー

  • 年1回の昇格レビュー(インタビュー必須)、年2回賞与支給

勤務時間

  • 10:00~19:00 / 9:00~18:00 (昼休み1時間)

勤務地

  • 東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山森タワー25階

ポジション

エンラプトの従業員はクライアントエンゲージメントチームとサービス提供チームの何れかにアサインされます。

クライアントエンゲージメントチームはお客様と協力して適切なプロジェクト範囲とスケジュールを作成します。

プロジェクトマネージャー Apply

プロジェクト計画の作成。プロジェクトスコープ、リソース、スケジュールの管理。ステークホルダー管理。

Ichikawa

プロジェクトマネージャー

“当初のスケジュール、スコープのまま、予定通りに完了するプロジェクトばかりではありません。状況の変化を素早く察知し、圧倒的なスピードで課題を解決しながら、お客様やチームメンバーが納得するかたちでプロジェクトを完了に導くのがEnraptのプロジェクトマネージャーです。人と接することが好きで、人を動かすことが得意なあなたに打って付けのポジションです。”

アーキテクト Apply

ソリューションアーキテクチャを作成。お客様のアーキテクチャレビュー、承認プロセス対応。確定したアーキテクチャをサービス提供チームへインプット。

Yamaguchi

シニアアーキテクト

“お客様へベストなソリューション・アーキテクチャを提案するのは、とても喜びの大きな仕事です。予算や時間、体制を考慮して現実的な解へ落とし込んでいく作業には、お客様とのコミュニケーションが必要となり、時にはストレスとなることは否めませんが、完成したときには感謝や喜びの言葉や感情を直接受け止め、感じることができるポジションです。エンジニアとしての経験をベースにし、あらたな領域でチャンレンジしたいと考えておられる方を求めています。”

クライアントエンゲージメントチームによって決定されたスコープ、スケジュール、アーキテクチャに基づき、サービス提供チームは設計・開発を行います。

フロントエンドエンジニア Apply

HTML/CSS、フロントエンド技術(ReactJS/AngularJS等)を使用したUIの開発

Takaishi

フロントエンドエンジニア

“様々な案件でサーバーサイド(主にJavaなど)、フロントエンド(主にJavascript, Typescript, Lightning Aura, Sassなど)開発に取り組み、 現在では、これらの経験を生かし生命保険会社にて主にフロントエンド開発(Javascript, AngularJS, Sass, Apex)をメインに担当しています。 アジャイル開発を採用しているため、お客様のフィードバックを得ながら迅速にUI開発を行え、使いやすさを意識した開発ができることにやりがいを感じています。 またフロントエンドには流行り廃りがあるため、新しいものを取り込みお客様へのシステムへ反映することができるのも楽しみの一つです。”

バックエンドエンジニア Apply

Javaを使用したREST APIsによるシステム連携の開発。

Kudo

バックエンドエンジニア

“JavaやDBなど、主にサーバサイドの開発を行ってきました。加えて、最近ではAWSやSalesforceなど、クラウドサービスを活用したシステムに関わっております。 フロントエンド開発と違いエンドユーザーから直接見えるものではありませんが、 お客様のデータ資産を生かすためのUI開発の基礎部分として、システムの要としてのサーバサイド開発に誇りを持って望んでおります。”